住まい図書館

 

家を建てることは、一生の内に何度もあることではありません。

大抵は、一生に一度ではないでしょうか。

経験のないことをすることはとても不安なことです。

一生に一度の家づくりも不安でいっぱいなのではないでしょうか。

家は高額な買い物であり、絶対に失敗したくありません。

家づくりで失敗しないためには、

正しい情報を収集し、学ぶことが第一歩です。

より多くの家づくり情報を得る場・学ぶ場、

そして体感する場を提供することで、家づくりの正しい知識を持って、

資産価値の高い家を手に入れていただきたい

 

そうした思いから、

住まい図書館を開館いたしました。

世界に一つだけの家づくりのために、ぜひご活用ください。

 

蔵書のご案内

資金計画からインテリアまで、多彩な家づくり関連の月刊誌・季刊誌・書籍が1000冊以上あります。

『住まい図書館』 について

内容

『住まい図書館』は家づくりで成功するために

学ぶスペースです。
・本や雑誌の閲覧・貸し出し(無料)
・各種セミナーの開催(随時)
・自然素材の展示・体験

対象

一般市民の皆さま(建築関連業者も含む)

規約

●本・雑誌の閲覧・貸出しは無料です
●貸出しの際は、「住まい図書館倶楽部」会員に登録いただきます
●貸出しは、2週間、3冊までとします
●館内は禁煙となっております
休館日 水曜日・祝日
開館時間 10:00~18:00
所在地

〒315-0018 茨城県石岡市若松2-9-2

 (島田材木店内)

案内図 ナビ検索は0299-23-6622
または島田材木店

設立の思い

 今、住宅業界がめまぐるしく変化しています。世間は、燃料費の乱高下、それに伴う物価高、アメリカのサブプライムローン問題から世界的な不況に陥っています。また、年金問題も解決せず、先行きに不安を感じているのは私だけではないと思います。


 住宅業界においても、大震災や姉歯耐震偽装事件などがきっかけとなり、建築基準法などの法律、そして瑕疵保証や建築士の資格に関わる制度など、めまぐるしく変化しております。業界全体がそれら一つ一つに対応しきれていないのが現状です。そういう環境の中、家づくりを計画されている方は、困惑しているのではないでしょうか。

 

 家を建てることは、一生の内に何度もあることではありません。大抵は、一生に一度です。経験のないことをすることはとても不安なことです。一生に一度の家づくりが不安でいっぱいなのは当たり前です。家は高額な買い物であり、だからこそ絶対に失敗したくありません。家づくりで失敗しないためには、正しい情報を収集し、学ぶことが第一歩です。

 より多くの家づくり情報を得る場・学ぶ場、そして体感する場を提供することで、家づくりの正しい知識を持って、資産価値の高い家を手に入れていただきたい。島田はそう願います。そして、資産価値の高い家づくりは、優良な住宅ストックとして、日本の住宅の長寿命化につながります。20年~30年と言われている日本の住宅の寿命が少しでも永くなれば、環境保全にも貢献することになりますね。




茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。