自然素材たっぷりの平屋の家(石岡S邸)

茨城パッシブハウス S邸外観
S邸外観
燃費ナビシュミレーション
燃費ナビシュミレーション

1次エネルギー消費量は改正省エネ基準の家のさらに40%OFF。上のシュミレーションから読み取れることは、この家を運転するのに、お湯と暖房に使われる燃料が全体の3/4を占めているということです。また、窓・外壁・換気からのエネルギーロスが大きいということがわかります。

これらのデータから、よりパッシブハウスに近づけるには、換気を熱交換型の第1種換気システムを導入して熱ロスを小さくし、太陽熱温水器などの設備で、給湯エネルギーを抑えるなどが考えられますね。

家中を、冬は20℃、夏は27℃に保とうとしたときに消費されるエネルギーから、光熱費をシュミレーションしています。

改正省エネ住宅と比較して40%省エネになっています。

このようなシュミレーションを繰り返すことで、将来の燃料費高騰に備えたランニングコストの小さい家・快適で健康な家をプランニングしていきます。

いばらきパッシブハウスを見学してみませんか? ⇒


施工日記



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。