国際パッシブハウスDAYご来場ありがとうございました

茨城パッシブハウスへのご来場ありがとうございました。

肌寒くなったこの季節、ちょうどパッシブハウスの躯体性能を感じていただけるいい機会となりました。

ファン感謝DAYも合わせて、手づくり窯でのピザつくり体験もやったので、ウッドデッキを通して、外に出たり、家に入ったりの作業を繰り返す中で、蓄熱された床や壁からのほんのりあたたかい輻射熱の快適さを体験していただけました。

パッシブハウスはこの季節はまだ暖房はしなくても、室温は20℃をキープできるだけの蓄熱性能があり、ドアを開けはなしていても、急激に室温が下がることはありません。室温、床や壁、天井の表面温度がほぼ一定である空間の快適さは極上です。

茨城パッシブハウスは常設の展示場です。この機会を逃した方でも、いつでの体感していただけます。

健康で快適、省エネな家づくりをどうぞ。

 

 

いばらきパッシブハウスの見学のお申し込みはこちらから



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。