茨城パッシブハウス見学 by OZONE&マグイゾベール

新宿にある㈱リビング・デザインセンター OZONE主催の「茨城パッシブハウス」(当社展示場)見学ツアーが開催されました。

おもに設計士の方々で、遠路、長野県から来られた勉強熱心な方もおりました。

太陽光発電などの設備よりも、家そのものの性能やパッシブデザインへの関心が高まっているということでしょう。

家の性能が、省エネはもちろん、質の高い快適性や健康に直結することがもっともっと理解されてくるといいなと感じました。

ついでに、参加された設計士さんたちは、家の燃費に関してご興味があるということだったので、パッシブハウスジャパンとCPUによる住環境シュミレーションソフト「建もの燃費ナビ」を紹介しました。

ぜひ使ってみてください、実務者向けの素晴らしいソフトですよ。

 

 http://www.i-passivehouse.com/



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。