パッシブハウス普及に向けた有志の集い

パッシブハウス普及勉強会
ファイスト博士も参加

ファイスト博士初来日記念シンポジウムに全国各地より、パッシブハウスジャパンメンバーが集結。

合わせて、パッシブハウス普及へ向けた有志によるミーティングを、鎌倉の森みわ氏のオフィスを借りて開催しました。

飛び入りで、ファイスト博士も参加され、私たちのアドレナリンも最高潮。

設計士、ビルダー、メーカーという垣根を越え、さらに一歩進んで、快適性を犠牲にしない、パッシブハウスという省エネ基準普及のため、知恵を出し合いました。

各々の立場からの忌憚のない情報交換の場となり、面白い展開になりそうな予感。

同じ目的に向かって好スタートを切れたなと感じました。



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。