4月26日(土)・27日(日)10:00~16:00構造見学会in鹿嶋市

茨城パッシブハウス構造見学会
構造見学会
案内図鹿嶋市角折
鹿嶋市角折2651番

31.5坪の平屋です。エネルギー的に自立した家を目指しています。
ここは、水道もなければ、排水設備もありません。
井戸掘りからのスタートでした。
自立するためには、まずは躯体性能を強化し、エネルギーロスを小さくする。
パッシブハウスの基本ですね。
今回は、永久型枠を利用した基礎断熱、300ミリ厚の屋根断熱、世界最高性能のグラスウール充填壁断熱、調湿する気密シートなど、完成見学会では見られない部分を公開します。



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。