思っていた以上

 

先日お引渡しさせていただいたM邸。

外張り付加断熱の熱橋対策に工夫を凝らした家で、更に断熱のグレードが上がったようで、施工を担当した大工さんの評価も高く、寒い時期の工事にもかかわらず、朝現場に入るとその暖かさに感動していました・・・

そんなM邸、あっという間に2ヶ月が過ぎ、不具合がないかどうかの点検と2月・3月の寒い時期を過ごした感想をお伺いすべく訪問しました。

 

M様夫妻と昨年77日に生まれた女の子3人の生活。

今のところ不具合はないようで一安心。

 

住み心地はいかがですか・・・との質問に、

間取も思った通り、水回りも何も言うところがない。

一般的に何か一つくらい不満やこうしたほうがよかったと後悔することもあっておかしくないと思うが、そういうところが全くない。

リビング階段・畳ルームなど望みも叶い、趣味室を兼ねた書斎もお気に入りのスペース。

個別ではなく、家全体を暖めているのに、電気代がびっくりするほど安い・・・ 

出張先のホテルよりも家の方が快適で、家に帰りたくなる・・・

暖かくて赤ちゃんの風邪を心配しなくてもいいので子育てがとっても楽・・・

 

ほんと、「思っていた以上」・・・

 

この上ない評価をいただきました。家づくりに携われる幸せを感じる一瞬です。さらなる仕事の励みになります。

これからも末長いお付き合いをさせていただければと思います。

 

以下は参考です・・・

電化上手プランで、123~221日・・・10,639円(478kwh)、222~323日・・・9,864円(469kwh)。「建もの燃費ナビ」でのシミュレーションでは年間187,312円なので、こちらも「思っていた以上」になりそうです。

 



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。