地盤構造塾に参加してきました

「楽しくわかる!木構造入門」ほかの著者でも知られ佐藤実先生の勉強会です。

 

今回参加したのは、上部構造ではなく地盤構造に関わる勉強会。その第2部は、熊本地震現地調査報告①でした。その中で印象的だったのが、「阪神淡路震災から現地調査に携わってきたが、家づくりは何も変わっていない・・・いまだに倒壊している・・・」という言葉です。

大きな震災があるたびに、耐力壁の量、バランス、N値計算による構造金物選定等々・・・家に求められる性能は変遷してきたはずなのだが・・・こういった耐震性能の指標が整ってきた2000年以降の建築物も被害が出ている現状を見ての発言である。

どういうことを言いたいのか・・・一般木造住宅は4号建築物といって、特例がある。それは、確認申請時に構造計算が求められないということである・・・建物は法にのっとって、しっかりと構造計算しなければならない・・・これは一般木造住宅も同じである。ただ、申請時にチェックされないというだけのことである。この特例は、阪神淡路震災以降も何も変わっていないのである・・・ここにメスを入れないと・・・これが本意のようでした。

 

今回の震災から学ぶことがたくさんありそうです。震災に耐えた建物=その後もその性能を発揮できる・・・とは限らないことも肝に銘じねばなりません。

 



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。