ふだん疑問に思っていたことが見えました。

いばらきパッシブハウスでは、日頃「建もの燃費ナビ」という温熱シミュレーションソフトにて、家の省エネ性能の見える化を実践していますが、今回、家の構造の見える化に触れ、あらためて「見える化」の威力を実感しました。ふだん何となく理解していたことがはっきりと視覚で理解することができ、とってもすっきりした感覚です。
その名も「Wallstat」という木造住宅倒壊解析ソフトによる木構造の見える化。これはCEDXMファイル形式による意匠・構造・プレカットのCADデータの連携により、より実務的なソフトになっているようです。しかも無料ダウンロードできます。このソフトを組み込んだ構造用ソフトを知っていますが、その開発者の話を聞く今回の研修は実り多いものでした。
このソフトの開発者は京都大学生存圏研究所 中川貴文准教授です。その講演の中で、ふだん疑問に思っていたことが明確になりとっても気持ち良いセミナーでした。木造住宅倒壊解析ソフト 「wallstat」による耐震性能の見える化はこれまで、莫大な資金をかけて実証実験をしてきたことを忠実に再現できるまで制度が上がっているようです。快適性や省エネ性能とは違って、耐震という普段感じられない性能を見える化すること、しかもそれをパソコン上で、E-ディフェンスという世界最大の振動台での実物大でのコストのかかる実験と同じことが検証できる。これは、様々な想定でのシミュレーションができるということであり、様々なバリエーションの比較ができることで、今までなんとなく理解してたことがはっきりとしてくる。最大の特徴は建物が倒壊するまでの計算ができることで、世界でただ一つのソフトということである。損傷・倒壊の過程がアニメーションで確認できる(見える化)ので、対象建物の弱いところがわかる。また、弱っているところがわかる。それがわかれば、震災の後の被害のあった建物の補修も正確にできるということになる。耐震改修、耐震補強にとっても強い味方となることが評価できる。
また、倒壊の過程がわかるということは、弱点が明確になる。熊本震災でクローズアップされた直下率についても、このシミュレーションで見えることは、直下率の検討は重要なことであるが、その低さだけが悪者なのではないということ。直下率の低さによる力の流れをしっかりと把握することが大切だということが理解できる。直下率の低い建物の危険個所である床への負担、梁への負担、階下の柱への負担に注目すべきで、床組みの水平耐力の強化、梁成の検討、柱頭柱脚の金物の選定が大切であることがわかる。
伝統工法の石場建て基礎の免振性もよく言われる。こちらの効果も検証できるが、地震動の種類によっては効果が小さいこともわかるし、熊本震災のような複数回の揺れには対応しきれないこともわかってくる。もう一つ制振装置に関しても理解が深まった。これまでその効果に関して疑心暗鬼であったが、損傷をおさえることができるものとできないものがあることがわかってくる。壁、接合部、ダンパー、地域木材(柱や桁)等の製品の強度を正当に評価できること、壁量計算では検証できない建物のねばり強さ・エネルギー吸収能力などをしっかりと評価できることがこのソフトの大きな成果であるように思う。