里山住宅博inTSUKUBAがグランドオープンしました

里山住宅博inTSUKUBAがグランドオープンしました。
地元の「木の家」専門工務店が集結する住宅博覧会が6月1日から11月30日までつくば市春風台にて開催されます。展示されている建物は、各工務店が日頃実践されている家づくりへの思いを込め、技術を駆使し、家づくりを検討される方にメッセージとして形にしたものです。またイーズメントという共通外構やコモンという住人共有のスペースのある「住まうことを歓びに高める真の郊外住宅」を提案しています。その街並みもご覧いただきたいと思います。
当社展示の建物「アトリエのある小さな木の家」はすでにオーナーさんが決まっていて、4人家族+ねこチャンのためにプランしました。パッシブハウス・ジャパン代表理事の森みわ氏に基本設計をお願いし、当社で監理・施工しました。敷地が東に45度振れているため日射取得など難易度の高い条件と限られた予算の中でのプランだったので、森さんには大変ご苦労をかけてしまいましが、お施主様の夢をかたちにすることができました。国内3次例目となるZehnder(給気冷暖房換気システム)や関東初上陸のトルネックス(フィルターのない電子式集塵システム)などの新しい設備もご提案しています。メンテナンス性を考えた、空気質の良い、温度ムラのない室内環境をご体感いただきたいと思います。それでいて小さなエネルギーで生活できるパッシブハウスが見れる6か月です。多くの方に知っていただける場になることを期待しています。