アトリエのある小さな木の家in里山住宅博

里山住宅博inTSUKUBA 森みわ氏とのコラボ物件

パッシブハウス・ジャパンの森みわ代表理事に基本設計をお願いしました。施工・施工監理はいばらきパッシブハウス。
そもそも断熱気密、蓄熱、日射取得や通風といった、パッシブな手法による躯体性能の向上によって、シンプルな設備で省エネ且つ快適な温熱環境を達成するというのが、パッシブハウスの考え方。
この考え方に則り、躯体の性能を十分に高めてから、第一種換気方式にヒートポンプのエネルギーを伝え、更に排熱からエネルギーを回収する熱交換という技術を利用することで、ローコストで建物全体を冷暖房するシステムを試みます。このシステムは「いばらきパッシブハウス」で実験・検証してきた給気冷暖房システムをパーケージ化したものを採用します。
外壁の室内側の表面温度は、室内温度に限りなく近いため、輻射暖房等で得られるような快適な温熱環境が実現しています。
更に、ライフサイクルCO2に配慮して、国産材を50%以上活用した木造在来軸組み工法を採用しています。
基礎の外断熱には欠かせない、シロアリ対策も強化、断熱材を基礎コンクリートの永久型枠とし、蟻返しの板金を基礎に打ち込んでいます。また、照明にはLEDを100%使用、夏場の日射対策として、外付けのシェードも採用しています。

「パッシブハウス」の基本は、まず、土地を読むことに始まります。太陽の軌道、風の流れ、気候、隣家や植栽などの周辺環境を把握し、自然の恵みを最大限活かすことを考えます。動線など施主様の要望も大切ですね。こういった要素をバランスよくプランニングに盛り込み、自然の恵みだけでは達成できない部分を断熱・気密そして設備によって補完していきます。今回の目玉は夏対策です。いかに湿度を下げるか・・・給気冷暖房システムによる高温多湿な日本の夏のソリューションを試みました。

家へのこだわり

  • 土間リビング モールテックスというクラックレスのモルタル仕上げ

    基礎断熱のため冬でも冷えることなく、素足で過ごせます。モールテックスはクラックの入らない樹脂モルタル素材で、色も豊富なサンプルからセレクトできます。

  • 日本初上陸 換気&給気冷暖房システム Zehnder

    日本初上陸 換気&給気冷暖房システム Zehnder
    この換気&給気冷暖房システムは、PHJ森みわ代表理事と「いばらきパッシブハウス」による試みで、日本をはじめ高温多湿な地域における夏の蒸し暑さにどう対応するのか、その一つのソリューションとして大変注目されています。24時間換気システムに日本のヒートポンプ技術を組み込むというシンプルな設備で、効率よく除湿・冷房ができます。ルームエアコンでは室温と湿度のバランスがむずかしいのが現状ですが、この仕組みは、除湿効率が優れていて、温度25℃、相対湿度50%、絶対湿度10g/kgという環境が達成できています。
    今回採用したzehnderの換気システムは、当社の試みがもとになったパッケージシステム。

  • 関東初上陸 トルネックス電子式集塵システム

    関東初上陸 電子式集塵システム
    PM2.5等の小さな粒子を住宅に侵入することを防ぐ、「電子式集塵フィルタ」を搭載した「トルネックス外気清浄機」を換気システムに組み込みました。
    シックハウス対策として、24時間換気が義務づけられたことにより、住宅でも2時間に1回、家の中の空気が入れ替わります。その際、住宅に侵入する花粉、黄砂は勿論、PM2.5を98.5%、さらに小さな0.3ミクロンの粒子までも96%捕集する優れものです。換気システムのダクト内の衛生状況を維持する上でも強い味方となります。
    「電子式集塵フィルタ」はご自宅で洗浄できるため、フィルタ交換のコストがかからないことも大きなメリットの一つです。


さらに見たい方はこちらから