引っ越して一か月 お客様の声

パッシブハウス・ジャパン代表理事の森みわ氏の「省エネ運動は飢餓撲滅運動であり平和運動である」というコメントに共感し、当社に「パッシブハウス」をご依頼くださったN様からうれしいコメントが届きました。昨年12月にお引き渡しさせていただいた建物は太陽熱温水システムを導入すればパッシブハウス認定条件を満たすことのできるところまで性能を高めました。敷地は宇都宮市内の分譲地の一画にあり、北関東の寒いエリアではありますが、ほぼ南向きの敷地で日射取得の期待できる好条件の環境。敷地選択からアドバイスさせていただきましたが、お客様自身が大変勉強家であり、とても良い選択をしていただいたなと思います。以下はN様からのコメントです。
「新居に引っ越しして、1ヶ月が立ちましたが、おかげさまで快適に過ごしております。本当にありがとうございます。今年は暖冬のせいか、晴れの日の日中は27℃ぐらいまで上昇し、シャツ一枚で過ごすこともあります。先日、義理の姉夫婦や、義理の母が遊びに来てくれたのですが、快適さに驚いていました。
また、年末年始の帰省で娘が鼻風邪をひいてしまいましたが、家に帰って2日ほどで治りました。温熱環境は大事だとつくづく思いました。
普段はエアコンの設定温度は21.5℃ですが、問題ありません。無垢のフローリングや、壁は肌触りがよく、とても気に入りました。反対に、いくつか気になるところもございますので、追ってご連絡致します。宜しくお願い致します。」
お施主様からの言葉は大変励みになり、成長の原動力となります。
お施主様に育てていただきながら、まだまだ「いばらきパッシブハウス」は進化し続けます。