いばらきパッシブハウスの給気冷暖房システムが紹介されました。


新建ハウジングPLUS ONE 11月号、「ZEH時代の冷暖房考」特集において、床下冷暖房、ダクト式エアコンなどとともに、いばらきパッシブハウスの給気冷暖房システムが紹介されました。
当社と森みわPHJ代表と2011年より試みてきたシステムで、2016年に飛躍的に効率を上げることに成功しました。2017年はそれをさらに進化させ、室内の空気を循環させる仕組みも加え、その効果・効率を実証してきたものです。様々な冷暖房の方法はあると思いますが、夏の除湿効果は驚くべく成果があり、エアコンでは達成できない環境を整えることができます。
どの仕組みも、躯体性能が高いことが条件ということが共通点ですね。
設備よりも躯体性能を上げることに、まずは予算を割くことが家づくりの王道ということでしょう。