家の耐久力は基礎から 止水板編

家の耐久力は基礎から
配筋やコンクリートの強度など、家の耐久力をアップするために考慮しなければならないポイントはいくつもあります。
シロアリ対策もその一つです。
当社では基礎断熱(基礎丸ごと断熱)工法を採用する際は、ホウ酸入りの断熱材を使うことはもちろんですが、ホウ酸入りの接着剤、あり返し板金など、様々な工夫をします。
止水板の設置も大事な要素と考えてます。基礎スラブ(土間コン)と立ち上がり部(土台取付部)を一体に打設できれば必要ありませんが、分けて二度打ちするケースが多いかと思います。構造的には問題ないと考えていますが、打ち継ぎ部が蟻道になる可能性が高いことが問題です。
この打ち継ぎ部に鋼板を挟むことで物理的なバリアを張るという工夫です。もちろん防蟻材(ホウ酸系)による対策も併用します。
家を長持ちする工夫は、各社考えていると思いますが、当社も日々勉強して少しでも永く使っていただける建物を提供していきたいと考えてます。