世界から30年遅れている日本で、世界最高基準のパッシブハウスをつくれる

「日本の家は寒すぎる」日本に来る外国人はよく言います。
それもそのはず、環境先進国であるドイツやフランス、そしてイギリスもみんな熱の出入りには相当こだわります
。また、窓の性能に至っては、おとなり中国より低いのが現状。 実はかなり遅れをとっているのが、日本の家です


地球と生きて行く、快適に生きて行く。21世紀、人類が到達したひとつの答え
それがパッシブハウスです。
パッシブハウスは、ドイツのファイスト博士が導き出し21世紀の新しい
「燃費がいい、環境にいい、デザインもいい、長持ちする、ハイブリッドな家です
いわば「ファーストクラスのエコ」な家です。

冷暖房を使わなくても夏涼しく、冬暖かい。そんな魔法が実現しました。
ここでいうエコは、ダサくもない、ケチ臭くもない、上質と両立した、 ファーストクラスのようなエコなのです。
ただし、それは誰にでもできることではありません
そのためにはパッシブ=自然環境の力を利用する知恵や工夫が必要ですし、 相当豊富な経験も求められます。建築家や大工さんの腕の見せどころです。
いばらきパッシブハウスは技術の高い専門家たちが、オーダーメイドで一軒一軒つくり上げます

大手ハウスメーカーでは扱えない、自然素材の家づくり

いばらきパッシブハウスでは、
自然を感じて暮らしたいと考えるオーナー様ととても良いパートナーになれるはずです


大手ハウスメーカーでは、扱いが難しい無垢などの自然素材を避けますが、
いばらきパッシブハウスは「自然とともに、自然を感じて、暮らしてほしい」
そんな想いから、自然素材をふんだんに使った家づくりです。

素材から暮らしやすさの技術までこだわったプロフェッショナルな家づくり。
オーナー様の想いをまずはお聞かせください、どのような家づくりがしたいのか、
どのような生活を送りたいのか、自然に対する想いでも構いません

私たちパッシブハウスはまごころをこめてご相談にのらせていただきます。
私たちいばらきパッシブハウスにお任せください。