家づくりをご検討中の方へ

 

 「家」を燃費で選ぶ時代が来ました


■家づくりは一般的には限られた予算の中での取捨選択になります。

■であれば、まずは家という器の性能(断熱・気密性能)アップに予算を割くべきだと考えます。

■エネルギーロスの小さい家は快適性と省エネ性を両立し、将来の燃料費の高騰に対応できます。

■当社は計画段階から家の消費エネルギー(燃費)を
考えた住まいづくりを提案しています。

「家族」が健康に、ほがらかに、安心して暮らせる・・・そんな自分らしい、家族のライフスタイルに合った『魔法の箱』を一緒につくりませんか。

 シックハウス・結露・ヒートショックのない家づくり

 

■本来人間を護る役割を持っていた『家』は、化学物質等に支配され、逆に健康障害を引き起こす原因とさえ言われています。
 
■それは、大量生産・大量消費という時代の流れにともない、安価で、早く製造ができ、品質のばらつきがなく、手入れが楽で使いやすい合成化学物質で製造・処理された建材を皆が安易に使ってきた結果といえます。
 
■その対策として、ホルムアルデヒドなど、VOC(揮発性化学物質)を含む商品の使用制限や24時間換気が義務化されましたが、このような対処療法で本当に問題解決になるのでしょうか?
 
■また、結露に伴い発生するカビ・ダニなどのハウスダストはアレルギーの要因のひとつとされ、ヒートショック(急激な温度変化が体に及ぼす影響)は心筋梗塞や脳梗塞の引き金となっています。
 
■これらは、断熱性能の低さと、部屋ごとに暖房する生活スタイルによる建物内の温度差が主な要因となっています。

 

当社は、『シックハウス問題』、『結露問題』、『ヒートショック問題』、『地球温暖化問題』の解決策として『エネルギーロスの小さい家』を提案・推奨します。
 

 

 「パッシブハウス」 「ローエナジーハウス」

■『家』には地震などの災害や火災から家族を護る、そして家族の健康を護る役割があります。安全・安心は家づくりの大前提です。
 
自然素材をふんだんに使用することはもちろんですが、快適性(住み心地と省エネ)の向上に欠かすことができないのが高気密・高断熱換気システムです。

■これらを正しく計画・施工し、風・太陽熱・太陽光・雨水などの自然エネルギーをパッシブに活用(特別な機械装置を用いずに暮らしのエネルギーに利用していく手法)することで、エネルギーロスを減らし、家の内部の温度ムラを軽減することができます。
 
■温度ムラを軽減することで、結露の発生を抑え、ヒートショックを緩和することができます。

■結露の発生を抑えることで、カビやダニの繁殖を防ぐことができ、家の耐久力を上げることにもつながります。
 
■そして、可変性のある飽きのこないデザインメンテナンス計画をしっかりと立てることで家の寿命を伸ばすことができます。

■結果、人にやさしい、地球環境にやさしい家となります。
 
もう一歩進んで、太陽光や太陽熱をアクティブ(積極的)に活用することで、より環境に負荷をかけない自立した家づくり、生活スタイルへ近づくことができます。


元気のもとである「家族」が健康に、ほがらかに、安心して暮らせる・・・そんな自分らしい、家族のライフスタイルにあった『魔法の箱』を一緒につくりませんか。



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。