ケイソウくん

 環境負荷の小さい素材選び

 

珪藻土を主原料とした呼吸する自然素材 ケイソウくん

(珪藻土を主原料とした、呼吸する自然素材。珪藻土の中でトップクラスの性能)
12-02.jpg12-01.jpg

 健康空間をつくる大特徴

 
 1.ホルムアルデヒドから守る
 2.カビ・ダニから守る
 3.結露から守る
 4.過乾燥から守る
 5.嫌な臭いから守る
 6.火事から守る
 7.寒暑から守る
 
ケイソウくんは室内の湿気を調節、お部屋の空気を清浄・活性化させ、快適な住空間を実現します。

 

板張り内装壁

12-04.jpg12-03.jpg
杉・桧・パインなど無垢な素材で板張り。
 
部屋の一部を板張りにするだけで変化があり、心地よい空間をつくれます。
もちろん、呼吸する自然素材なので調湿作用もあり、不規則な天然の木目はアルファー波の発生を高め、ストレスを抑える効果(森林浴効果)があります。



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。