床下断熱・基礎断熱

 

 環境負荷の小さい素材選び

 

 床下断熱と基礎断熱のイメージ図

 

床下断熱・基礎断熱

 

 床部の断熱方法には、床下断熱と基礎断熱があります

 


基礎断熱と床下断熱の違いを簡単に説明しますと床下断熱は床の下に断熱材が
貼ってあります。
 
床下には外気が入り込むしくみなので、床下(基礎の中)=外と考えるとわかりやすい
と思います。
一方基礎断熱は、基礎の中を外と遮断して基礎の内側に断熱材を貼ります。
床下(基礎の中)=室内ということになります。

 

 

 床下断熱の注意点

 

床下断熱は、床下を充分に換気できる反面、湿気の高い空気が入り込んでくるので
カビの原因ともなり、
メンテナンスできるような配慮が必要です。
また、冬は冷気が入り込み、冷えが床に伝わってくるので、
断熱を充分にすることが大事です。
 

 

 基礎断熱のメリットとデメリット

 

当社使用の基礎断熱は、基礎の立ち上がり部はもちろん、基礎の底盤まで、基礎を丸ごと断熱します。

1年を通して一定の温度(約18℃/関東地域)である地熱の効果を利用しようと、基礎底盤は無断熱という工法もありますが、地熱の温度が安定するのは、地下5~7メートル以上の部分です。家が建っている部分の地表も、外部の温度に影響を受けています。

玄関や浴室の土間部も断熱ラインを切ることなく均一に断熱できるので施工もしやすく、効果的な断熱ができます。

しかしながら、床下も室内という扱いなので、空調するスペースが多くなって(4.5帖から6帖ほど)しまうため、換気計画上、不利な点が出てきます。

また、発砲系の断熱材はシロアリの蟻道になるので、その対策が肝心です。当社では、防蟻効果のあるホウ酸が注入されている断熱材を採用し、なおかつ、独自のアリ返し板金(銅製)の工夫で、シロアリ対策をしています。


床下断熱と基礎断熱の双方のメリット・デメリットはありますが、温熱環境や消費エネルギー性、快適性を考慮すると、基礎断熱のほうが有利だと考えます。

 



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。