無垢フローリング

 

 環境負荷の小さい素材選び

 

なんといっても本物はいいですね。 無垢フローリング

 

  無垢フローリング

フローリングは、インテリアのイメージを大きく作用するため、デザインや色なども気になるものですが、それ以前に機能性をまずチェック。
もっとも室内の空気環境に影響するので、有害物質を発生しない健康素材であることが必須条件。
 
仕上げやワックスについても同じです。
杉、桧、パインなどの自然素材を自然塗料で仕上げることを推奨します。



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。