自然塗料

 

 環境負荷の小さい素材選び

 

 ドイツから来た自然塗料『ブレーマー』

 

 ドイツから来た自然塗料「ブレーマー」

 

ブレーマー自然塗料は、有害な化学物質を含まず、繰返し採取できるハーブオイルや、天然樹脂、精油などから作られた、健康にも環境にも負荷の小さい安全な塗料です。室内の空気を良好に保つ働きもあります。
※自然塗料といえども、すべての人にアレルギー反応が起きない訳ではありません。万一のため塗料の成分が揮発するまで、塗った物のご使用をお控えください。
 

 

 内装用自然塗料『キヌカ』

 

   内装用自然塗料「キヌカ」

キヌカは、私たちの主食「お米」から生まれた、安心・安全な自然塗料です。
昨今、化学技術の多用化による、シックハウス症候群、化学物質過敏症など室内の環境問題への関心が高まるなか開発された、無臭で赤ちゃんが舐めても安心な純自然塗料です。



茨城県選出の衆議院議員 田所議員が茨城パッシブハウスを見学されました。

自ら建築士である田所議員は、家の構造はもちろん、快適性、省エネ性、と建物のかかわり、そして健康面のメリットに興味をもたれ、2020年、省エネ性能の義務化に向けて、どの程度の性能が、最低限求められるかを熱心に学ばれていました。

工務店の立場から、性能の良い建物に対するインセンティブ(税制面での優遇等)の仕組みづくりを要望しておきました。